アンテベートビーソフテンクリームアトピー性皮膚炎痒み

アンテベートとビーソフテンクリームを混ぜたものでアトピー性皮膚炎の痒みを抑えています。

わたしはアトピー性皮膚炎になってから20年、今の病院に通うようになって5年になりますが、アンテベートとビーソフテインクリームを混ぜてもらった塗り薬を毎日2回塗り続けて、痒みを抑えています。

 

アンテベートビーソフテンクリームを塗っていると痒くなりませんが、季節によっては痒くなってひどくなることもあります。

 

治っても、いろいろな原因でアトピーは再発してしまうので、根気よく付き合う必要のあります。

 

アンテベートビーソフテンクリームを塗ればすぐに治る病気ではないのです。

 

私は肌がとくに乾燥肌でガサガサしているので、アンテベートという強めの薬を出してもらっています。

 

私にはこのアンテベートビーソフテンクリームが合っていると思います。

 

以前もっと強い効果のステロイド剤を出してもらったことがあったのですが、ステロイド剤の副作用がひどく出て焦りました。

 

副作用で肌が真っ赤になってしまったのです。

 

なので人それぞれの肌によって、薬は合う合わないがあるので、ちょっとでも塗って変だなと思ったらすぐに使用をやめて、皮膚科の先生に相談するのをおすすめします。

 

それくらいステロイドは難しい薬だと思います。

 

でもきちんと自分の肌と向き合って、良い状態の肌を維持していくために塗り続けて行けば、普通にアトピーでも痒くない日々を送ることができます。

 

また体にはアンテベートを塗っていますが、顔には別の少し弱めのステロイドを使っています。

 

ある日、弱めのステロイドが切れてしまって、少しの間アンテベートを塗っていたら、肌が赤く、ニキビのようなものができてしまいました。

 

なので弱いいつもの薬を出してもらいました。

 

するとまた元の肌に戻りました。

 

体の部位、肌の厚みによって塗る薬は変化させていく必要があります。

 

そしてあまりアトピーで肌を掻き壊す前にちゃんと受診することが大切ですし、良い皮膚科に出会うこともポイントだと思います。

 

(愛知県 みみこさん)