首慢性皮膚炎アンテベート軟膏

首筋の慢性皮膚炎に効いたアンテベート軟膏

わたしは汗っかきの癖に首にネックレス等の装飾品を着用するケースが多く、また首筋の肌ケアを積極的に行わなかった事から、とある初夏にちょうどネックレスがホールドされている首の付け根を中心に赤い発疹とかぶれが生じてしまった事があります。

 

僅か数日の間に発症してしまった為に大変驚いたものですが、それ以上に患部が痒くて仕方無く、頻繁に掻いているうちに皮が剥けてカサブタ状になってしまい、更に痒みが強くなる悪循環となってしまったのです。

 

その様な発疹の症状が数週間続き一向に治る様な傾向も見せず、仕方なく休日に近隣にある皮膚科の元を訪れ、診てもらう事にしました。

 

診断の結果はやはり湿疹性の慢性皮膚炎との事でした。

 

かなり炎症が強くなってしまっているとの事で、少々強めのステロイド軟膏と抗炎症剤を処方してもらう事となったのです。

 

処方されたステロイド軟膏はアンテベート軟膏です。

 

アンテベート軟膏は成分が強い事もあり痒みや腫れが収まるまでの数日間を集中して塗布する様に言われました。

 

その日の晩から早速患部に塗布する事となりました。

 

これまでにステロイド軟膏を利用したケースが殆ど無く、その効果について正直半信半疑な部分もあったのですが、翌日からの患部の治るスピードを見てその効果を実感する事が出来ました。

 

何より助かったのは、これまで掻きたくて堪らなかった程の強い痛痒さが1日ちょっとで消え、それと共に肌の炎症も落ち着き、湿疹の範囲もどんどん減少していったのです。

 

アンテベート軟膏を塗り始めてから1週間も経たないうちに首筋の大きな湿疹は小さな赤い腫れの連続にまで程度が軽くなり、その後一般の抗炎症剤に切り替えても腫れや痒みがぶり返す事も無く、やがて完全に収まっていったのです。

 

ネックレスさえしなければ蒸れ易い部位でも無く、意識して気を付ければ再発は無いという事でひと安心。

 

その後は暑い時期のネックレスの使用を控えると共に、ステロイド軟膏の有難味を改めて感じたのでした。

 

(神奈川県 もりふくろうさん)